「愛」「温かさ」「安心」の家族葬専門の長崎市内の斎場です

24時間365日受付 お問い合わせはこちら
お急ぎの方も事前予約の方もお電話ください。0120-63-7444

代表ブログ

「家族葬」という概念

osoushiki_monushi_oyako

 

先日、お世話させていただいたご葬家が、快く葬儀の動画を撮ることに協力いただけたので、動画を編集するにあたり再度来ていただき、インタビューをしました。その中でとても印象的な言葉がありましたのでご紹介します。

 

「家族葬の概念が変わった。」

 

私にとってはとても嬉しいお言葉でした。

なんとなく褒められているような気持ちになりました。

 

近年「家族葬」や「直葬」と呼ばれる葬儀が浸透してきました。

「家族葬」と「直葬」は大きく違います。

日本の葬儀で通常行われる「通夜」「葬儀・告別式」を全く行わない「直葬」。

「家族葬」は、一般的に行われる「通夜」「葬儀・告別式」を行います。

つまり「直葬」というのは、法律で決められた「死亡時間と確認されてから24時間経過しないと火葬できない」(簡単に書いています。)それだけを満たした「お葬式」というよりは「ご遺体を焼骨にする」ことです。

 

ほんの数年前まで当たり前に行われてきた盛大な葬儀は、「莫大なお金と気遣いと喪家の疲労」を伴い、価値観が多様化してきた現代では、良い悪いは別にして、そのことに疑問を感じる方々も増え、「様々な供養のカタチ」が生まれてきたのだと思います。

葬儀だけではなく、「焼骨の供養」においても「墓じまい」「散骨」「樹木葬」いろいろなカタチが生まれています。

親や先祖の気持ちを優先していた時代から、個々の気持ちを優先する時代になったんだと思います。

なので「正解」がないのです。

 

私がお世話させていただくご葬儀では、「無宗教葬」がとても多いですし更には

「焼骨を拾わない」=「焼骨放棄」も多いです。

私のブログの中では何度かご紹介させていただいておりますが、ご家族の状況をお聞きしてご事情を踏まえたうえで「焼骨を拾わない選択もある」ことをお話させていただくことがあります。これは「お勧め」しているわけではなく「様々な選択ができる」ことをお伝えしている、選択し決定するのはご家族であり情報を持たないことは不幸だと思うのです。

 

こんな時代の中での「家族葬」は、当初「子供たち、家族に迷惑をかけたくない。」と考える方々が「終活」などで見聞きした、「お金をかけない、時間や労力をかけない見栄を張らなくてもいい」大規模な葬儀から「家族葬」という名の隠れ蓑にも似た

「家族葬がいい」というより「家族葬でいい」

少し遠慮したような感覚で選ばれているように感じます。

規模が小さい(家族、近親者以外を呼ばない)葬儀は=お金がかからない。

その構図が見え隠れしているように思えるのです。

インターネットで検索すると、「○〇な葬儀」などの名前で、格安の葬儀が紹介されていますが、そのほとんどが、自社で葬儀は運営しておらず、全国の葬儀社と提携して検索して電話をかけてきたご家族に葬儀社を紹介し、紹介料で成り立っています。

そのプランを見ていただくとわかりますが、「火葬のみプラン」「一日葬プラン」「家族葬」「一般葬」だいたいこんな風に分けられていて、少しずつ価格が高くなります。

「火葬のみのプラン」はつまり「直葬」ですので宗教者は呼びません。というのが前提ですが「お坊さん宅〇便」などという名のもとに親切まがいの「儲けプラン」を紹介したりします。家族は「火葬だけだとかわいそう」と心の中では思っているので「それお願いします。」となるわけです。

 

「直葬」を選ぶご家族は「読経はしない」ことを覚悟する必要があると思うのですが・・・。

「火葬のみ」だから安価なのです。せめて読経だけでもと思うのならば、そもそも「火葬だけ」を選ぶことが矛盾しています。

 

「焼骨放棄」にしても「火葬のみ」にしても、なにも悪いことをしているわけではありません。

みなそれぞれに事情があり、その上での選択ですから「覚悟」も必要です。

 

「一日葬プラン」というのは、「通夜」はせずに「葬儀・告別式」だけ行うプランといえます。私はこれにとても違和感を感じます。「葬儀・告別式」はするのに、なぜ「通夜」は営まれないのでしょうか?

無理やり簡素化して「費用を抑えている」気持ちになります。

私から言わせれば「火葬のみ」ではなく「葬儀をしよう」としているのに、なぜ「通夜」を省略する必要があるのか?私がここで他社のプランに文句を言っても仕方ないので、もうやめますが「何のために葬儀を行い、何のために簡素化するのか?」よく考えて選択してほしいのです。もちろんお金のかかることなので、他人が勝手に決めることではありません。しかし故人とのお別れは、たった一度だけです。やり直しした話は聞いたことないです。

「本当にそれでいいのか?」よく考えるべきです。

 

弊社は「家族葬」を専門に施行させていただいています。

 

しかし今までたくさんのご家族のお世話をさせていただきましたが

「簡単だから」「安いから」

という気持ちでお世話をしたことは一度もありません。

 

私の考える「家族葬」は、

 

家族だけで最期の時間をゆっくりと安心して過ごしていただく。家族のきずなを改めて考え直す時間。にしていただきたいのです。

 

このご家族は、少し障害のあった弟さんを亡くされました。

「家族葬」を選ばれた理由は「経済的にあまりお金をかけたくない」「あまり人にしられたくない」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=Mc5gcCHiYQ8

 

最後には「家族葬」にしてよかった。

ゆっくり、安心して見送ることができた。

 

とおっしゃいました。

本当にうれしかったです。

 

故人様のご冥福をお祈りいたします。

 

合掌

 

 

お問い合わせはこちらから