「愛」「温かさ」「安心」の家族葬専門の長崎市内の斎場です

24時間365日受付 お問い合わせはこちら
お急ぎの方も事前予約の方もお電話ください。0120-63-7444

代表ブログ

新価格 シンプル直葬プラン なんと9万円~(税抜き)

web_plan

 

令和の時代、益々スピード感が増してきますね。当社もどんどん進化していきます。

 

このたび、シンプル直葬プランを大幅に見直し、178000円(税抜)⇒148000円(税抜)を経て

 

なんと、地域最安値  90000円(税抜)でご奉仕することといたしました。

 

なぜこの価格でやっていけるのか?と思われるでしょ?

解説いたします。

 

無駄なものをぜ~んぶ省きました。

 

もともと、当社は「安心価格」でご奉仕していましたが、「更に不要なものを省いて、安心して故人様を送り出せるようにしたらどうだろうか?」と、常々考えていました。

 

新シンプル直葬プランは、

 

棺、骨壺、骨箸、霊柩車、搬送車(片道15キロ圏内)火葬場の時間予約 のみのプランです。

 

実にシンプルでしょ?

 

 

?????

 

足りないものない???って思われましたか?いえいえ、あとは全部ご自身でできるはずです。

 

これだけあれば十分です。

 

足りないと感じるものがあれば、ご自身でチョイスしていただけるようにしました。

 

 

?ドライアイス?

 

例えば、冬季の寒い時期に直葬するとします。「24時間後には荼毘にふす」ことを前提とした直葬に、ドライアイスは必要でしょうか?ご遺体の損傷がひどく、すでに傷んでしまっている場合や、夏季の暑い時期に24時間を超えてご遺体を安置しなければならない場合、ひどく出血をしている、体液が漏れている場合を除き、無理にドライアイスを当てる必要はありません。そのうえ、直葬の場合、棺の蓋を開けてご尊顔を確認することは、限られた時間であったり、火葬直前であることがほとんどです。どうしても故人様の尊厳を守りたいご希望がある場合は、ドライクーラー1日10000円の使用料でご利用いただけます。


「ドライアイス」(ご遺体が傷まないように保存するための冷却手段)当社では「ドライアイス」は使用しておりません。はっきり言って「ドライアイス」は時代遅れですし、これから先「ドライアイスの使用自身が規制」されていくでしょう。それは「環境に配慮していない素材である。」ことと「危険が伴う。」事実があるからです。

報道されないので、ご存じの方が少ないのですが、棺の中に入れるドライアイスから発生する二酸化炭素を吸入してしまい「お通夜の席」で死亡者が発生するような事案があるのです。

当社はいち早くドライアイスに代わる「ドライクーラー」という機械でご遺体を冷却保存する方式をとっています。消臭効果も高くとても有効な手段です。

 

?役所への死亡届提出?

自宅葬が主流だった頃、ご自身で役所に出向き届を出しておられたはずです。婚姻届けと同様にご自身ですることができますし、難しい手続きではありません。ただ、御身内が亡くなると「落ち着かない」「不安、心配で頭がいっぱい」なので、自分でできないご希望があれば、「役所の届代行」を10000円で承ります。

 

?せめてお別れ花、お線香とロウソクくらい?

もちろんチョイスすることができます。「お線香とロウソク」のセットは5000円で承ります。「お別れ花」は5000円からご用意できます。

名称未設定-4

?遺影写真を加工してもらいたいのだけど・・・?

もとになるお写真のデータをお持ちいただければ、「四つ切」額縁つき1枚15000円にて承ります。

 

?直葬だけど、お経だけ聞かせてあげたい?

宗教者をお呼びする場合には、簡易ですが祭壇をご用意いたしますので、30000円にて承ります。

 

?どうしても最期に顔を見たい?

ご面会も承ります。料金は1時間5000円で1回に限りますがご相談ください。

 

?安いのでお願いしたいが、遠方で15キロを超えそう?

15キロ以内であればプラン内です。超過距離は、5キロにつき5000円にて承ります。

 

?支払いはいつすればいいですか?

火葬場にて精算いたしますので、それまでにご準備ください。火葬場使用料はご自身でお支払いいただきます。

 

?会葬者が一人しかいませんが、大丈夫ですか?

何人でも大丈夫ですが、火葬場で棺を移動させるのに人手が必要です。もしお手伝いいただける方がおられない場合には、こちらで手配いたしますが、ひとり10000円申し受けます。

 

名称未設定-9

 

何度も申し上げておりますが、直葬は一つの選択肢であり「悪いことをしている」とご自身を責める必要は全くありません。

 

私が、どうしてこんなに「直葬」に力を入れるか?にはちゃんと理由があります。

 

8050問題が取りざたされるようになり、現実にはもっと年齢が上の9060問題を実感しています。

50歳の子供が親の年金で暮らし、その親が亡くなると生活に困窮してしまう現実や、60歳の年金生活者が90歳の親を看取るとき年金で、自分の生活で精いっぱいなのにも関わらず、変な見栄や世間体に押し切られ、ご自身の生活を脅かしてまで「葬儀」をされる姿を目の当たりにし、なにか良い方法はないものか?と考えているのです。

直葬をお勧めしているわけではありません。残念ながら、まだまだ「お金で解決できる事柄」はたくさん存在します。「お金があれば、あまり困ったことにならない」世の中です。

しかし、世の中そんな方々ばかりではないのです。

 

私も、お仕事をさせていただいて生活が成り立っていくので、全てをボランテイアでするわけにはいきません。

会社が軌道にのり、運営できてこそ「良いサービス」が提供できると思っています。

 

新シンプル直葬プランは、いろいろな方のニーズにあわせて、「選べるプラン」としてやっていこうと、考案いたしました。

 

少しでも、皆様から喜ばれ「安心して故人様を見送ること」ができれば・・・・

 

日々努力をし、ご意見やご要望があれば改善していきます。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

        詳しくはこちら

 

 

 

お問い合わせはこちらから