「愛」「温かさ」「安心」の家族葬専門の長崎市内の斎場です

24時間365日受付 お問い合わせはこちら
お急ぎの方も事前予約の方もお電話ください。0120-63-7444

代表ブログ

家族葬の規模の決め方

家族葬つばき会館長崎南斎場代表のブログをご覧いただきありがとうございます。

当社は「家族葬」「直葬」「密葬」を大切にしている小さな葬儀社です。

直葬専門のHPもあります。⇒ 長崎市で直葬なら地域最安値の「家族葬 つばき会館 長崎南斎場」

 

新型コロナ肺炎の影響で、葬儀の在り方も変わってきました。

リモート弔問、リモート読経、ドライブスルー弔問、後から葬・・・・

この中でも社会的に根付くものと、淘汰されていくものがあるのではないこと私は考えています。

 

というのも、お葬式は「故人のためというより、遺族の心の整理、日常の生活へ戻るためのセレモニー」の要素が大きいと思うからです。

 

コロナの影響で「3蜜」を避けるために「直葬」「密葬」「家族葬」を選ばれる方が増え、家族の思いと周りの方々との思いの食い違いもよく見られます。ご家族は「小規模の葬儀を」と考えているのに、亡くなったことを聞きつけて遠方からでも近親者が弔問に訪れる。友人がたくさん弔問に来られ、考えていたような葬儀ではなくなってしまう。これがよく見受けられました。

 

葬儀社としては、打ち合わせの中で経験上「弔問客が多くなりそうだ。」ということは予想できます。

しかし、代金をお支払いいただく以上頼まれていないことをするわけにもいきません。そこで提示した料金内で収まりそうにないと判断される場合は、葬儀が終わって一段落した後に皆様へお知らせするようにしましょう。とお話します。

 

わざわざ弔問にお越しいただいた方を断るわけにもいかないし、悲しみの中にも大変な中来ていただいたことに感謝の気持ちも生まれると思います。結果的に考えていた葬儀と違うことになってしまっても「よかった。」と思えるのならは結果オーライです。

 

本当にご自分の意志で「家族だけでお別れしたい。」と思うならば心を鬼にしても

 

「言わない」

 

自分が聞いた立場になった時は

 

「行かない」

 

これからは、そんな時代になるのかな・・・

駆けつけたい気持ちもわかるけど「そっとしておいてあげる」優しさもあります。

 

「顔を見せた。」「香典をもらったから返す」「参列することに意義がある」

 

このあたり、変わっていくかもね。

お問い合わせはこちらから